Yakstは、海外の役立つブログ記事などを人力で翻訳して公開するプロジェクトです。
約3年前投稿 修正あり

MySQL 5.7の一般表領域 : 詳細とTips (MySQL Server Blogより)

MySQL 5.7から一般テーブルスペースが利用できるようになりました。共有テーブルスペースやinnodb-file-per-tableモードのテーブルスペースより、データファイルの配置やテーブルとデーターファイルの対応などがより柔軟に制御できるようになります。

原文
General Tablespaces in MySQL 5.7 – Details and Tips | MySQL Server Blog (English)
翻訳依頼者
D98ee74ffe0fafbdc83b23907dda3665 B5aa4f809000b9147289650532e83932
翻訳者
B5aa4f809000b9147289650532e83932 taka-h
翻訳レビュアー
D98ee74ffe0fafbdc83b23907dda3665 doublemarket
原著者への翻訳報告
未報告


免責事項

この記事はKevin Lewis氏によるMySQL Server Blogの投稿「General Tablespaces in MySQL 5.7 – Details and Tips」(2016/3/23)をユーザが翻訳したものであり、Oracle公式の文書ではありません。


※ 訳注: Tablespaceの日本語訳について: 記事タイトル以外はMySQLのマニュアルに倣い「表領域」ではなく「テーブルスペース」の表記としています。

MySQL 5.7のInnoDBで、一般テーブルスペースの作成および複数のテーブルへの割り当てが初めてできるようになりました。一般テーブルスペースはシステムの任意の場所に配置でき、圧縮テーブルのブロックサイズにkey_block_sizeを利用できるように、通常より小さなブロックサイズを指定することもできます。

新しいテーブルスペースは、次のようにして作成することができます。

CREATE TABLESPACE new ADD DATAFILE 'newdata.ibd' BLOCK_SIZE=16k;

現在のinnodb-page-sizeが16KBであれば、BLOCK_SIZE句の付与は任意となります。

データファイル名について

.ibd 拡張子がファイル名に付与されます。InnoDBが.ibdで終わるファイル名のみ受け付けているため、これは必須となります。つまり、ファイル名は単にADD DATAFILEの後に指定できるならば何でも良いというわけではなく、システムテーブルスペース以外のInnoDBのデータファイルが認識しやすくなるように.ibdで終わるというルールにも沿う必要があることがわかります。

上記のデータファイルにパスがついていないのも重要です。このような相対パスは設定ファイル中のdatadirからの相対的なパスとなります。これはシステムテーブルスペースおよびログファイルと同じ場所となります。

システムの他の場所にファイルを作成する為に、絶対パスも指定できます。一般テーブルスペースの場所については、2つの制約があります。

  1. ルートディレクトリには設置できません。設計エンジニアがこれは禁止した方がよかろうと考えたためです。これは主にunixの観点ですが、Windowsでも一般的にはこのようにした方がよいでしょう。
  2. 一般テーブルスペースのデータファイルはdatadir下のディレクトリには置けません。これはfile-per-tableモードのテーブルスペースのデータファイルの場所であるためです。MySQLでは伝統的にdatadir下のディレクトリにはデータベースやスキーマ関連のファイルを置きます。これらのデータファイルやディレクトリはinnodb-file-per-tableがONのときはテーブル作成時に自動的に作成されます。ファイル名はテーブル名に.ibd拡張子が付与したものとなります。

file-per-tableモードのデータファイルと同一名称のデータファイルのテーブルスペースを作ることもできます。例えば次の通りです。

CREATE DATABASE new;
SET SESSION innodb_file_per_table=ON;
CREATE TABLE new.new (a INT) engine=InnoDB;
CREATE TABLESPACE new ADD DATAFILE 'new.ibd' engine=InnoDB;

new.ibdという名称の2つのファイルが作成されます。一般テーブルスペースのデータファイルはdatadir直下に、そしてfile-per-tableモードのデータファイルはdatadir下のnewディレクトリ下に配置されます。

しかしアドバイスとしては、、、全データベースオブジェクトでユニークになるよう名前を付与してください。InnoDBの将来のバージョンでは、上記のような似たデータファイル名は禁止されるかもしれませんし、一般テーブルスペースをデータベースに関連付ける際に何らかの競合を引き起こすかもしれません。異なるオブジェクトには異なる名称を付与し、競合が発生する可能性を回避するのがよいでしょう。

一般テーブルスペースのポータビリティー

file-per-tableモードのテーブルスペースは次の手順に従って他のシステムに移動することができます:http://dev.mysql.com/doc/refman/5.7/en/tablespace-copying.html

ドキュメント中の手法では次のコマンドを利用しています。

ALTER TABLE t1 DISCARD TABLESPACE;
ALTER TABLE t1 IMPORT TABLESPACE;

DiscardとImportはシステムテーブルスペースではサポートされてきませんでした。5.7の一般テーブルスペースでもこれはサポートされません。これは一般テーブルスペースがシステムテーブルスペースと同様に複数のテーブルで共有可能であり、他のシステムにデータファイルを移動するのが容易ではないためです。

テーブルのテーブルスペースを選択する

テーブルは、CREATE TABLEあるいはALTER TABLE文でTABLESPACE句を利用することで、一般テーブルスペース 、file-per-tableモードのテーブルスペース、システムテーブルスペースで作成および変更ができます。

これにより明示的にテーブルにテーブルスペースを選択できるようになり、テーブルを移動することができるようにもなります。ALTER TABLE構文でTABLESPACE句を使うことで、任意のテーブルスペースの任意のテーブルを他のテーブルスペースに移動することができます。これは初めてテーブルをシステムテーブルスペースに移動できるようになったということになります。また、innodb-file-per-tableの設定とは関係なしにfile-per-tableを選択できるということになります。

つまり、次のようなクエリを発行したとすると、

SET SESSION innodb_file_per_table=OFF;
CREATE TABLE t1 (a INT) TABLESPACE=innodb_file_per_table engine=InnoDB;

テーブルは、そのテーブルのfile-per-tableモードのテーブルスペースで作成されることになります。

同じようにして、システムテーブルスペースを指定してテーブルを作成することもできます。

SET SESSION innodb_file_per_table=ON;
CREATE TABLE t1 (a INT) TABLESPACE=innodb_system engine=InnoDB;
テーブルスペース名はSQLの識別子

これらの例にみられるテーブルスペース名の前後には引用符(クォート)がありません。テーブルスペース名はSQLの識別子であるためです。この事実からこの名前をバッククォート(`)で囲むこともでき、常に大文字小文字を区別して評価されることがわかります。

※訳注: 識別子の修飾子/識別子の大文字と小文字の区別参照。

つまり、次のように同一名で大文字小文字が異なる複数のテーブルスペースが作成可能であるということになります。

CREATE TABLESPACE new ADD DATAFILE 'new1.ibd';
CREATE TABLESPACE New ADD DATAFILE 'new2.ibd';
CREATE TABLESPACE NEW ADD DATAFILE 'new3.ibd';

再度となりますが、大文字小文字だけが異なる同一名称のテーブルスペースは作らないようにしてください。

予約テーブルスペース名

特別な意味を持つ「予約」テーブルペースが3つあります。2つはこれまでにご紹介しています。

  • innodb_file-per-table
  • innodb_system
  • innodb_temporary

5.7では最初の2つをご紹介したようにして利用することができます。3つ目は利用できません。テーブルを一時テーブルスペースに置くためにTABLESPACE=innodb_temporaryは使えません。CREATE TEMPORARY TABLE ...;をご利用ください。

3つのテーブルスペースは大文字小文字を区別するため、次のクエリが発行可能です。

CREATE TABLESPACE `InnoDB_System` ADD DATAFILE 'innodb_system.ibd';

しかし、再度となりますが、決してこの方法を使わないでください。 テーブルスペースはユニークになるようにすべきです。

まとめ

このディスカッションによってMySQL 5.7の一般テーブルスペースの理解の助けになればと思います。将来のリリースで、テーブルスペースの機能はいくつか追加されます。

次の記事
MySQLの保存データ暗号化(Percona Data Performance Blogより)
前の記事
InfluxDB、Telegraf、Kapacitor 0.11 GAが利用できるようになりました! (InfluxData Blogより)

Feed small 記事フィード

新着記事Twitterアカウント

新着翻訳リクエストTwitterアカウント