Yakstは、海外の役立つブログ記事などを人力で翻訳して公開するプロジェクトです。

インターネット上の情報は、半分以上が英語で、日本語の情報量は全体の5%程度だと言われています。特にコンピューター関連の情報は英語で発信されることが多く、日本語の情報は量的にも新鮮さにおいても劣ることがあります。そんな状況を少しでも緩和し、英語で発信される良質な情報を日本語でも提供したいという思いで始めたプロジェクトが、Yakstです。

掲載されている翻訳記事は、英語のブログやニュース記事などを登録し、それをボランティアの翻訳者が翻訳し、さらに翻訳者同士で訳をレビューし合って品質を高め、その上で公開されています。

よくある質問

誰が翻訳しているの?

ボランティアのアマチュア翻訳者が翻訳しています。

どういう基準で翻訳する記事を決めているの?

それぞれの翻訳者の好みです。

どうやったら翻訳の協力ができるの?

右上のFacebookからログインボタンを押してユーザーアカウントを作成し、問い合わせフォームから翻訳者になりたい旨をお知らせ下さい。

広告があるけど収入は何に使われているの?

現在はサーバー等の維持費として使われていますが、ある程度の金額が集まるようになったら翻訳者に分配することを考えています。

著作権とか大丈夫なの?

翻訳済みの記事を公開したら、速やかに翻訳者から原著者に対して何らかの手段で公開を知らせるとともに公開許可を求め、問題があれば記事を削除するようにしています(今まで翻訳記事の公開を拒否されたことはありません)。改変が可能なようにライセンスが明記されている場合や、原著者との事前の取り決めがある場合はこの手続きを省略することもありますが、原則的に記事ごとに必ず原著者に翻訳公開の通知を行っています。もし問題のある記事を発見した場合は問い合わせフォームからお知らせ下さい。