Yakstは、海外の役立つブログ記事などを人力で翻訳して公開するプロジェクトです。
17日前投稿

リモートワーカーのためのお役立ち情報

Percona社で15年以上リモートワークを続けてきた筆者が、自身の経験をもとにリモートワーカー、およびその管理者にとって大切な事項を解説します。

原文
Tricks and Tips For Remote Workers - Percona Database Performance Blog (English)
原文著者
Matt Yonkovit
原文公開日
2020-03-11
原文ライセンス
CC BY-NC
翻訳依頼者
C17de91fbad737faaa06173533ed323d
翻訳者
C17de91fbad737faaa06173533ed323d kakuka4430
翻訳レビュアー
D98ee74ffe0fafbdc83b23907dda3665 doublemarket A3e9a72544c34898bde469ab10cddc25 meiq
原著者への翻訳報告
未報告


Tips from Matt Yonkovit, Chief Experience Officer, Percona

Percona社は長年フルリモートチームとして働いてきた経験があります:

  • 私は15年以上リモートで働いてきました
  • 当社の従業員の多くは、少なくともパートタイムでリモートで働いた経験があります
  • 採用面接で尋ねた結果、我々と一緒に働きたいと考えた人にとって、大きな理由の一つが「リモートワーク」であることが分かっています

現在、コロナウイルスの流行により、多くの人々が長期にわたってリモート作業を必要とする状況にあります。 しかし、リモートカルチャーとリモートワーキングのメリットを世界的な危機に結びつけるべきではないと考えています。 リモートワークによってあなたは以下のようなことが可能になります。

  • どこにいようとも世界最高峰の人材を登用できます。
  • 多様性、および革新を促進できます。異なる文化は、異なる経験および意思決定能力をチームにもたらします。
  • 遠隔地の従業員でより多くの仕事をこなせるようになります!
  • 健康的なワークライフバランスを促進できます。
  • 従業員の定着率と仕事の満足度を高めることができます。

注意すべき5つのこと:

1. ワークライフバランスは自宅作業の大きなメリットですが、仕事と家庭生活の境界を失いやすいです。特に、同じ環境で仕事と社交をする場合は起こりがちです。

2. あなたが家にいることに家族が慣れていない場合、彼らは仕事と生活の境界を混乱させてしまう可能性があります。例えば、配偶者が毎日オフィスに出社しなければならない時、「家にいるなら」という理由で新しい雑用を頼まれるかもしれません。

  • リモートで作業を始めた時、これは私にとっても大きな挑戦でした。妻が毎日のように用事を私にお願いしてくるのです…「配管工に電話してもらえる?」「食料品店にお使いに行ってもらえる?」といった具合に。
  • 自宅で仕事をすることで、あなたとその家族に柔軟性が与えられます。利点として、あなたがその柔軟性を使用することは何も悪いことではありませんが、やりすぎに注意してください。そうでなければ、あなたはフルタイムのただ家にいるだけの人になってしまい、本来果たすべきビジネスができなくなってしまいます。
  • 子どもたちは、就業時間と非就業時間の違いをよく理解していません。彼らはあなたが家にいることを知っていて、注意を引こうとしてきます。

3. 孤独が問題になる可能性があります。自宅で仕事をするのは素晴らしいことですが、長時間仕事をしているとしばしば孤立感や孤独感につながってしまいます。実在の人々とつながる必要があるでしょう。例えば、ビデオ、チャットなど無しで、誰とも対面することなく終日コーディングをすると、暫く経って非常に孤立してしまうことがあります。

  • たとえそれが仮想的なものであっても、個人としても仕事としても他者と互いにつながり続けることが重要です。
  • 長期に渡り誰とも連絡を取らないでいると、同僚やプロジェクトの状況を把握するのが難しくなります。可能な限り、オンラインのチャットや電話会議などで声を出して、常に関わっているようにしましょう

4. 自宅で作業をしていると、通信のラグ(≒ ネットが重い状態)は致命的です。通常の日中帯は、あなたが自宅のインターネット通信を優先利用できるでしょう。しかし家族が帰宅するやいなや、彼らの情報デバイスやPCが通信をし始め、あなたのビデオ通話に影響を与えてしまうかもしれません。自宅のネットワークが過負荷になった場合でも作業を完了できるよう、こまめなバックアップを心がけましょう。

5. 憶測の透明マント。同僚があなたがオンラインで仕事をしていること、そして物事の状態を知っていると思い込まないでください。完全に仮想化された世界でもないので、対面をどれだけ情報を拾い上げているかは分かりません。

  • プロジェクトまたは作業のステータスは、直接連絡または更新しなければ失われていきます
  • ソーシャルキューやボディーランゲージがなければ、多くのことを見失います。人と会う時、彼らが「動揺している」「興奮している」「ぽかんとしている」かどうかをボディランゲージから読み取ることができます。Slackではできません。

引用1

健康的な職場環境を促進する5つのこと

1. 現実(物理)と仮想の境界が必要です:

  • 自宅の作業場所を出来る限りドアのある部屋の中にして、あなたが家族と普段過ごしている場所から離します。リビングルームで一日中働いていると、仕事と仕事以外の境界線がぼやけます。また、一日の終わりに出入りすることができるオフィスを持つことは、あなた自身の幸福につながるバランスと境界を作ることに役立ちます。

2. 成功のために机をセットアップしましょう:

  • 当たり前のことかもしれませんが、背中をしっかり支えることができる素敵な椅子に投資してください。
  • 複数のモニタと、適切なクレードルを準備しましょう。
  • 重要なデータをバックアップするための、暗号化されたドライブがあることを確認してください。
  • 「仕事」専用のマシン/ラップトップで作業を行い、私用PCとは区別してください。これは境界を設定するのに役立つだけでなく、セキュリティとコンプライアンスの理由からもベストプラクティスです。

3. カレンダーを活用しましょう:

  • あなたのカレンダーに勤務時間をはっきりとマークします。実際、私は毎日午前7時前と午後6時以降をブロックする設定にして、他の人にミーティング予定を入れられないようにしています。 Googleカレンダーには、勤務時間を設定する優れた機能があります。
  • 休憩と昼食の時間を(アラート付きで)カレンダーに設定します。自宅はとても快適です。デスクで食事をしたり、長いストレッチをしたりも簡単にできますが、起きてストレッチしたり、少し散歩したりすることも重要です。新鮮な気分を保つためには休憩を取る必要があります。
  • 家族やルームメイトとスケジュールを共有して、可能な限り休憩中に現実の人とコミュニケーションできるようにします。
  • 定期的なスケジュールを登録しておくことで、個人的なアポイントメントや「休業中」の時間に家の周りで面倒を見る必要があるものをスケジューリングできます。

4. 強固なインターネット回線とバックアップを用意しましょう。誰もが時折インターネットの問題を抱えてしまうものなので、しっかりしたバックアップ計画を立てておくのは良いことです。お住まいの地域のサービスに応じて、それは携帯電話かもしれませんし、第2回線である場合もあります。

  • 過去には、プライマリおよびセカンダリインターネットオプション(ケーブルベースのインターネットおよびDSLベースのインターネット)を準備してたこともありました。これは必ずしも必須要件ではありませんが、もしあなたがコンサルタントとして働いており、時給換算または期限が厳しい場合には、作業が何もできなくなるダウンタイムは避けなければいけません。
  • モバイル通信でのインターネットは会議や軽作業には十分ですが、契約しているプランの上限を把握し、シグナルが家の中で上手く機能することを確認してください。問題がある場合は、ほとんどのプロバイダーからセル信号ブースターを入手できます。
  • 電源とインターネットは、リモートワーカーにとって最も重要なユーティリティです。ノートパソコンや携帯電話を充電するために外部バッテリーを用意することが不可欠です。

5. 仕事上付き合う人々との関係を保つ

  • リモートワークをしていても、同僚と会話をしたり、生活の一部を共有したりするのをやめることにはなりません。遠隔地にいる場合は難しいかもしれませんが、こうした人間関係を維持することはさらに重要です。
  • 週末の予定について周りに尋ねてみたり、隣人について愚痴を言ってみたり、バケーションの計画を話したりしましょう。普段の仕事中のように!

マネージャーがリモートワーカーのためにすべき5つのこと

1. 定期的なチームミーティングを開催し、カメラの電源を入れます!リモート環境では対面の時間が必要です。これは大きな違いを生みます。

2. やりすぎか!というくらいコミュニケーションをとりましょう。人々が知らないことを知っていると思い込むのはとても簡単です。 Slackで毎日、日次ミーティングまたは朝礼を実施することは、人々の関心を引き付け、ループを維持するのに役立つ素晴らしい方法です。

  • Slackで、毎日のリマインダーを設定して、「今日の良いニュースは?」または「今日、支援が必要なタスクは何ですか?」とメンバー全員に簡単な質問を送ります。
  • チャットを開始する時に挨拶し、サインオフする時は別れを告げます。実際のオフィス環境で行うことは、チャットでも行いましょう。
  • 邪魔にならないようにしつつ、チームの成果を把握し、他の人と広く共有してください。
  • チーム用のソーシャルチャンネルを設定して、チームメンバーがお互いに繋がり、関与し続けられるよう、些細な会話・冗談などを奨励します。

3. 全ての直属の部下、および重要な同僚と定期的に1対1の打ち合わせを設定し、継続します。ビデオチャットで実施し、良いメモを保存し、会議後にそれらのメモを共有するようにしてください。可能であれば、チームメンバーが編集・追加できるトピックのリストを事前に用意してください。

4. 定期的にいくつかの実際に対面する時間を計画します。リモートワークは素晴らしいですが、年に数回、直接会うことは、健全なチームビルディングに不可欠です。

5. タスクマスターにならないでください!

  • あまりにも多くの会議を細かく管理したりスケジュールしたりしないでください。初めてリモートワークを導入する場合、多くのマネージャーが人々の足並みを揃えるために大量の「会議」時間を過度にセットアップ・スケジュールしますが、そこでは誰もが何もできません。
  • 従業員に柔軟に対応しましょう。家族のスケジュールと衝突しないように、会議の時間を調整します。午後に子供たちがバスで帰宅してくる場合は、その時間帯に会議を入れるのを避け、少しの間サインオフして家族と交流するように促します。あまりに多くの用事に引っ張られてるのでもない限り、彼らはより生産的になります。

引用2

リモート環境に不可欠な5つのツール

1. Slack (or 同等のビジネスチャットサービス)

  • これはメールよりも大切です。同僚とすばやくチャットできることは、リモート作業環境にとって不可欠です。

2. Zoom (or あなたの好きなビデオ会議ソフトウェア)

  • 対面は非常に重要であり、信頼できる会議ツールが不可欠です。

3. Google Calendar (or 同様の共有オフィスカレンダー)

  • リモート環境では、カレンダーを適切に設定することが重要です。あなたがオフィスにいる時には、ドアが開いていれば人々は立ち寄って確認することができますが、リモートの場合、カレンダーはあなたのオフィスのドアとなります。

4. Google Docs (or Office 365)

  • ホワイトボードが無いため、これらはアイデアをすばやく共有し、コメントを収集し、フィードバックを提供・共有する方法として機能します。

5. Task Management Software (Asana, Basecamp, JIRA, etc.)

  • 業務がコーディングであれグラフィックスであれ、ほとんど全てのチームメンバーは、引き渡しまたは期限付きの成果物を必要とする大規模プロジェクトの一員です。プロフェッショナルなタスク管理システムにより、すべてのチームメンバー間で明確な期限とタスクの処理が容易になります。

Percona社が世界中からどのようにデータベースにイノベーションをもたらしているのか、さらに知りたい方はこちらを参照してください。 また、Percona team にジョインしてくれる方もこちらから募集しています!

前の記事
Etsyにおけるエンジニアのキャリア開発

Feed small 記事フィード

新着記事Twitterアカウント

新着翻訳リクエストTwitterアカウント